結局まつ毛美容液でまつ毛は伸びるの?

まつ毛についての知識

目元の印象を大きく変えるのが、まつ毛。

まつ毛が長い人は、まつ毛が短い人と比べて目がパッチリと見えるため、まつ毛を長くしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

そんな、まつ毛を伸ばしたいからどのまつ毛美容液を使おうか考えているっていう方に向けて、結局まつ毛美容液でまつ毛が伸びるのか、当サイトとしての見解を示しておこうと思います。

まつ毛美容液でまつ毛を伸ばすのは難しいかと・・・

早速結論を出してしまいました(笑)

正直、日本で市販されているまつ毛美容液でまつ毛を伸ばすということは、とても困難だと思います。

というのも、日本で市販されているまつ毛美容液には、まつげを伸ばす成分が入っていないから、です。

まつ毛を伸ばす成分って何?という方もいらっしゃると思いますが、ずばり、プロスタグランジンやビマトプロストと言ったいわゆる緑内障の治療成分です。

アメリカなどでは、ルミガンやラティースといったプロスタグランジン配合のまつ毛美容液が市販されていますが、日本では、お薬以外でこの成分を使うのは、厚労省によって認められていないため、日本ではプロスタグランジン、ビマトプロストが配合されているまつ毛美容液を販売することができません。

なので、日本で一般に市販されているまつ毛美容液はビマトプロスト、プロスタグランジンの配合されていないまつ毛美容液であるため、まつ毛美容液であなたのまつ毛を伸ばすということはほぼ不可能、というのが私の考えです。

でも、まつ毛が伸びたという口コミもあるけど・・・

@コスメなどの口コミや、色々な販売サイトの口コミでは、○○というまつ毛美容液を使ったらまつ毛が伸びた!なんていう羨ましい口コミもありますよね。

それはどういうこと?ってなると思いますが、実際にまつ毛が伸びているというわけではないのではないかと思います。

まつ毛には毛周期というものがあり、成長初期→成長中期→成長後期→退行期があり、それがおよそ30日~100日周期と言われています。

成長後期、退行期が多分、あなたのまつ毛が一番長い時だと思います。

 

女性は、マスカラなどアイメイクをしっかりされる方が多いので、まつ毛に負担が掛かってしまうため、まつ毛が退行期に差し掛かる前に抜けてしまうことが多いのではないかなと思います。
まつ毛に負担の掛からないマスカラの落とし方

もしかしたら、「私ってまつ毛が短い」って思ってる人は、成長後期~退行期に辿り着く前に多くのまつ毛が抜けてしまっているのかもしれません。

「私のまつ毛ってスカスカ」って感じてる人も、まつ毛は抜けてすぐ生えてくるものではなく、脱毛状態を経て生えてくるものなので、外部からの刺激により沢山もまつ毛が抜けてしまっているため、この脱毛状態が人より長いだけなのかもしれません。

 

 

市販されているまつ毛美容液は、まつ毛を伸ばすというのではなく、まつ毛にハリやコシを与えるもの、もっと分かりやすく言うと、外部からの刺激に強いまつ毛にしてくれるという効果が期待できるため、いつもなら、外部からの刺激によって、成長段階である成長初期~成長中期で抜けてしまうまつ毛が、成長後期~退行期まで抜けずに残って居てくれるので、「まつ毛が伸びた!」、「まつ毛が増えた!」と感じる方が多いのではないかなと、個人的には思っています。

 

だってそうですよね。
まつ毛美容液で、毛根も何もない所からまつ毛が生えてきたのなら、世の中には抜け毛で悩む男性は皆無ですから。
まつ毛美容液の成分を、そのまま育毛剤の成分にしちゃえばいいんですから。
(毛根のない所からまつ毛を生やすというのは、ルミガンなどのビマトプロスト配合のまつ毛美容液でも不可能だと思います)

なので、市販のまつ毛美容液を使う場合には、「まつ毛が伸びた、生えたという口コミがあったから、劇的に何かが変わるんだろう」と思って使ってしまうと、絶対に後悔します。

あくまで、今ある自分のまつ毛を強くして、退行期である抜け落ちる時まで残せればいいって感じで考えておくほうがいいのかなと思います。

まつ毛を延命させる?

そんな感じで使っていくのがベストだし、それ以上の事はあまり求めないほうがいいのではないかなと個人的には思いますよ。

もちろんそれでも、嬉しいことには変わりないですよね♪

タイトルとURLをコピーしました