まつ毛美容液は授乳中でも使えるの?

Q&A

結婚していても、子供が居ても、お洒落して綺麗なママで居たい!!というのは、女心として当然のことです。

じゃあ、そもそもまつ毛美容液は妊娠中、授乳中にも使えるのでしょうか。
っていうお話です。

結論

妊娠中、授乳中のママは忙しいので、ぱぱっと読んでしまいたい方のために、まず結論を書いてしまいましょう。

結論・・・・

基本的に使ってもOK!

だけど、ビマトプロスト系の緑内障の治療成分が入っているまつ毛美容液は使わない方がいいかもしれない。

こんな感じです。

今、ラティースやルミガンなどのまつ毛美容液を使っている場合は、とりあえず使用を中断し、産婦人科の先生などに「ビマトプロストが入っているまつ毛美容液を使っているのですけど・・・」と質問してみましょう。

それ以外のまつ毛美容液なら使っても問題ないかと思います。

理由は、以下をご覧ください。

理由

まず、普通の?というか、日本のドラッグストアなどで購入できるまつ毛美容液というのは、いわばお化粧品なんです。
日本の厚労省は厳しいですからねー。お化粧品に使ってもよい成分は決まっていて、認可されていない成分は絶対に使っちゃ駄目なんです。

妊娠中、授乳中のママでもお化粧はしますよね。(もちろん体調の関係でしたくないという人もいますが)
お化粧品であるまつ毛美容液も当然しても大丈夫なことになります。
しかも、まつ毛美容液の1回に塗布する量は微量ですからね。

もし妊娠、授乳中にまつ毛美容液を使うのは駄目なんだったら、まつ毛美容液よりも大量に使う化粧水なんて、どうなってしまうんだっていうお話です。

ですので、日本の一般的に売られているまつ毛美容液なら普通に使っても問題ないかと思いますよ。
(もっとも私は医療に関しては素人なので、心配な方は産婦人科医師に相談してください)

ただ、妊娠、授乳中でも使っても大丈夫!といえるのは、日本で一般的に売られているまつ毛美容液に限られます。

まつ毛を伸ばすのに効果があると言われているルミガンなどは、この限りではないので妊娠、授乳中のママが使う場合はいつも以上に注意が必要です!!

ルミガン ラティースは妊娠中、授乳中に使わない方がいい理由

ルミガンやラティースは手っ取り早くまつ毛を伸ばしたいと思っている方にはとてもおススメなまつ毛美容液です。
副作用のリスクなどは高いですが、その効果も高いため普段から使用している人も多いのではないのかなと思います。

なぜ、日本で一般に売られているまつ毛美容液は使えて、ルミガン、ラティースは妊娠、授乳中には使わない方がいいのか、というと答えは簡単。

ビマトプロストというお薬が入っているから!

なぜ、ルミガン、ラティースにまつ毛を伸ばす効果があるのかというと、緑内障の治療成分であるビマトプロスト(プロスタグランジン)というお薬の副作用を利用してのことなんです。

お薬っていうのは、何かを治すために使うものですが、どんなお薬でも・・・というと言い切りすぎてしまいますが、多くのお薬には私達が実感していないだけで、副作用というものがあります。

ビマトプロストにどのような副作用があるのかというと、まつ毛が伸びるという女性にとっては嬉しい副作用もありますが、マウス実験では流産が確認された動物実験では母乳からビマトプロストが輩出されることが認められた、という実験結果が出ています。

 

もちろん、マウスでの実験であるため、それが人間にすぐさま当てはまるとは言い切れませんし、母乳から排出されたビマトプロストは少量であったのも事実です。

しかし、それがあなたにとって生涯一番大事になるであろう赤ちゃんにどのような悪影響を及ぼしてしまうのかはわかりません。

いくつになっても綺麗で居たいと思うのは、とても素敵なことだと思いますよ。
でも、親のエゴで子供に悪い影響を与えてしまうのは絶対に駄目なことだと個人的には思っているんですね。

だから、私は妊娠中、授乳中はビマトプロストなどのお薬が入っているまつ毛美容液は一切使っていません。

もちろん、ビマトプロスト入りのまつ毛美容液を妊娠、授乳中に使うと直ちに赤ちゃんに悪影響を及ぼすということではありませんが、妊娠中、授乳中はその使用を一時的にストップしてあげたほうがいいと思います。

お洒落は今後いつでもできます。
今は全ての労力をかわいい赤ちゃんに注いであげるのがベストだと思いますよ!

タイトルとURLをコピーしました