ラピッドラッシュの成分を解析【色素沈着する成分は入ってるの?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラピッドラッシュは海外のまつ毛美容液のため、その使っている成分について心配な方も結構いらっしゃるんじゃないですか?

まつ毛に対してどのような有効成分が入っているのか、色素沈着を起こす成分は入っているのか、などなど、ラピッドラッシュは海外のまつ毛美容液のため、あなたも心配な部分もあるんじゃないでしょうか。

人気まつ毛美容液のラピッドラッシュの成分について、との成分にどのような効果があるか調べて見ましょう。

アレルギー持ちの方も、色素沈着が不安な方も、一度ご覧になってください。
※海外版のラピッドラッシュではなく、日本版のラピッドラッシュについての調査です。

まつ毛美容液ラピッドラッシュの成分

ラピッドラッシュには以下の成分が入っています。

 

成分  効果
 
BG  保湿 防腐
ヒドロキシチエンセルロース  乳化安定剤
イソプロピルクロプロステネート  プロスタグランジンの合成類似体 
ヒアルロン酸Na  保湿効果
オクタペプチド-2  発毛効果(成長因子)
トリペプチド-1  毛髪の成長を促す効果
 抗菌効果
ポリペプチド-23  毛髪の修復効果
ぺポカボチャ種子エキス  保湿効果
ダイズ油  保湿効果
グリセリン  保湿効果
ホスファチジルコリン  コンディショニング剤 乳化剤
加水分解ムコ多糖  保湿 弾力向上効果
リゾビアンガム  皮膜形成剤
ビオチン  保湿効果
パンテノール  育毛効果 代謝促進など
パンテチン  
グリチルリチン酸2K  抗炎症作用 抗アレルギー作用
エリルヘキシルグリセリン  保湿効果
アラントイン  抗炎症作用
海水  保湿 保潤剤
エタノール  防腐効果
フェキシエタノール  防腐効果

パンテノールやペプチドなどの毛髪に良い効果が期待できる成分、またヒアルロン酸のように保湿効果のある成分が使われているようです。

ラピッドラッシュは人気のまつ毛美容液ですが、その他のまつ毛美容液よりもラピッドラッシュの方が人気が有るのなら、人気があるだけの理由があるんです。

それが、上記の配分表のイソプロピルクロプロステネートという成分です。

実は、ラピッドラッシュはこの成分が入っているからこそ、人気のまつ毛美容液であり、もしこのイソプロピルクロプロステネートが入っていないとしたら、そこまで人気(効果)のあるまつ毛美容液にはなっていないのではないかと思います。

イソプロピルクロプロステネートってどんな成分?

イソプロピルクロプロステネートは、どのように分類されているかと言うと、「プロスタグランジンの合成類似体」と分類されています。

そうです。

 

あの、プロスタグランジンの合成類似体なんです。

緑内障の治療成分である、ビマトプロストやプロスタグランジンの合成類似体です。

 

 

ビマトプロストやプロスタグランジンが入っているまつ毛美容液は、まつ毛が伸びる反面、色素沈着などの副作用が生じる恐れがあるというのは、あなたもご存知かもしれません。

ラピッドラッシュは、ビマトプロストやプロスタグランジンは入っていませんが、イソプロピルクロプロステネートというプロスタグランジンの合成類似体が入っているため、ビマトプロストやプロスタグランジンと同様の効果、副作用が生じます。

 

※詳しくはこちら ラピッドラッシュに副作用はあるの?

 

最近のまつ毛美容液では、プロスタグランジンやビマトプロストが入っているまつ毛美容液は、かなり減っています。

プロスタグランジンやビマトプロストを使っているまつ毛美容液といえば、ラティースやルミガンなどでしょうか。
といっても、ルミガンは緑内障の点眼剤なので、まつ毛美容液ではありませんが・・・。

 

最近では、プロスタグランジンやビマトプロストの代わりに、プロスタグランジンの合成類似体という成分が使われるようになってきたような気がします。

ですので、日本で販売されているまつ毛美容液を使おうとする場合は、特に注意する必要はありませんが、海外のまつ毛美容液を使う場合は、ビマトプロストやプロスタグランジンに注目するのではなく、「プロスタグランジンの合成類似体を使っているかどうか」を注目するようにしてください。

 

ラピッドラッシュには、保湿や毛髪強化の成分などもふんだんに入っていますが、ラピッドラッシュの肝はやはり、プロスタグランジンの合成類似体であるイソプロピルクロプロステネートです。

 

ラピッドラッシュの口コミなどはもう見ましたか?

 

「まつ毛が伸びた」という口コミが多い反面、色素沈着や目の充血などを引き起こしているのも、このイソプロピルクロプロステネートなんです。

一長一短がある成分ですね。

 

どっちを重視するのかは、あなた次第です。

 

もしあなたが色素沈着や目の充血などは絶対に嫌というのでしたら、ラピッドラッシュは使わない方が得策ですが、今まで日本のまつ毛美容液を使っても、効果を体験できなかったというのなら、試してみるのもありだと思います。

 

ペプチドってどんな効果があるの?

ペプチドは簡単に言うとアミノ酸の結合体です。

アミノ酸っていうと、必須アミノ酸とか良く聞かれると思うので、人体にとって必要なものだなぁということはなんとなく知ってると思いますが、私達の髪の毛やまつ毛は、アミノ酸の結合体でできています。

最近では、「アミノ酸シャンプー」というものが、毛髪をリペアしてくれるからということでとても人気ですよね。

まつ毛も毛である以上、アミノ酸を与えてあげることにより、まつ毛にハリやコシなどを与えてくれるのでしょう。

ラピッドラッシュには、ポリペプチド-23、オクタペプチド-2、トリペプチド-1という3種類のペプチドが配合されています。

ラピッドラッシュの口コミを見ていて、「まつ毛が太くなったような気がする」というような口コミがあるのも、このペプチドが影響を及ぼしているのでしょう。

といっても、まつ毛の長さを伸ばすという効果はありません。

あくまで、ハリやコシを与える、という成分しかありません。

 

が、ビューラーなどを使うことが多い場合は、必須の成分ですね。

 

まつ毛が長くなっても、細く弱いままだったら、すぐ切れちゃいますから。

 

保湿成分も沢山♪

やっぱり、まつ毛も毛である以上、保湿は必要です。

ヴァセリンでも、まつ毛に対して効果があるように、まつ毛の保湿をすることによって、まつ毛は強くなります。

※詳しくはこちら ヴァセリンでマツイクをしよう

また、100円ショップで売られている、RJローション

さすがに100円ショップの物に大きい期待を寄せるのは酷かと思いますが(笑)、基本的にRJローションは保湿成分がメインです。

それでも、SNSなどの口コミを見ると、何も付けないよりは、マツイク上効果はあるということですね。

ラピッドラッシュも、当然、保湿成分は沢山入っていますので、その点はぬかりはありません(*゚ー゚)ゞ

 

まとめ

やはりラピッドラッシュを使う上で、気をつけたいところは、イソプロピルクロプロステネートです。

もし、イソプロピルクロプロステネートがラピッドラッシュに入っていなければ、日本で売られているほかのまつ毛美容液と大差はありません。

日本の他のまつ毛美容液と差別化できる成分です。

しかし、イソプロピルクロプロステネートは、プロスタグランジンの合成類似体であり、まつ毛を伸ばすという効果と、色素沈着や目の充血という副作用も併せ持つ成分です。
(まつ毛を伸ばすというのも副作用の一つなのですが)

ラピッドラッシュは、一長一短のあるまつ毛美容液だと思ってください。

なので、あなたがはじめてラピッドラッシュを使おうとしているのなら、1,5mlの小さいほうを購入されたほうが宜しいかと。

1,5mlだと、5,940円となっており、日本で売られているまつ毛美容液と金額的に差はありません。

もし、しばらく使っても効果を実感できなかったり、効果は実感できたけど、色素沈着や目の充血などで、使用を断念する場合になったとき、3mlだと、ちょっと勿体無いですもんね(汗)

(ちなみに、早い人で1~2週間で効果を実感できているみたいです♪)

 

リピートされるなら、迷わず3mlの方がお徳です。

前提として、ラピッドラッシュはプロスタグランジンの合成類似体を使っているということを十分に理解して購入を検討してください。

 

ラピッドラッシュ公式サイトはこちらから

 

 

※参考 ラピッドラッシュに副作用はあるの?

    まつ毛美容液で色素沈着が出た場合の対処法

    プロスタグランジン、ビマトプロストの副作用とは

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。