ラピッドラッシュは授乳中でも使えるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気まつ毛美容液のラピッドラッシュ。

口コミでも効果を感じている人がいらっしゃることから、使用を考えている人、今現在使用している人も沢山いらっしゃると思います。

女性は、出産をきっかけに、いろいろな毛が抜けてしまうものです。

髪の毛も然り、まつ毛も然り・・・・

そんな時に、まつ毛美容液ラピッドラッシュは、救いの手を差し伸べてくれるのでしょうか。

ラピッドラッシュは授乳中でも使えるの?

答え

 

使えません

 

厳密にいうと、使わない方がいいです。

 

何故?その理由について

まず、前提として、まつ毛を伸ばす有効成分として代表的なのが、プロスタグランジン、ビマトプロストと呼ばれる緑内障の治療成分です。

このビマトプロストやプロスタグランジンは、本来の眼圧を抑えるという効果がある反面、まつげが伸びてしまう、色素沈着がおきてしまうという副作用も併せ持つお薬なのです。

 

まず、これを前提として覚えておいてください。

 

では本題ですが、ラピッドラッシュの口コミなどを見ていると、「まつ毛が伸びた」、「まつ毛が濃くなった」という口コミは他のまつ毛美容液と比べものにならないくらい多いですよね。

逆に、「色素沈着が起きた」、「目が充血した」などという副作用的な口コミも、他のまつ毛美容液と比べ物にならないくらい多いかと思います。

 

この、「まつ毛が伸びた」、「色素沈着が起きた」という効果、副作用は、まさにビマトプロストやプロスタグランジンで起こされる効果、副作用です。

 

しかし、ラピッドラッシュにはビマトプロストやプロスタグランジンは入っていないじゃんって思うかもしれませんが・・・・

 

プロスタグランジンの合成類似体という成分が入っているんです。

 

その成分が、イソプロピルクロプロステネートという成分です。

 

プロスタグランジンやビマトプロストは、マウスでの実験で流産が認められた、動物実験で母乳からビマトプロストが排出されることが認められたというのは、臨床結果から出ているため、妊娠中、授乳中の方の使用は不可という決まりになっています。

 

たしかに、プロスタグランジンの合成類似体であるイソプロピルクロプロステネートは、お薬としての成分ではなく、化粧品としての成分に分類されているようですが、

 

イソプロピルクロプロステネートはプロスタグランジンの合成類似体であること

 

まつげが伸びる、色素沈着が起きるなどビマトプロスト、プロスタグランジンと同様の副作用をもたらす

 

 

ということからしてみると、プロスタグランジン≒プロスタグランジンの合成類似体であり、やはりビマトプロストの合成類似体であるイソプロピルクロプロステネートも、授乳中はその使用を避けるべきと言わざるを得ません。

 

ビマトプロストの臨床実験の結果は、あくまでマウスなどの動物での結果であり、その結果がそのままヒトに反映されるものではないかもしれませんが、大事を取って、授乳中はラピッドラッシュの使用は控えておいたほうが得策だと思います。

 

妊活中も注意が必要かも・・・

 

プロスタグランジン≒プロスタグランジンの合成類似体であるとすれば、もしあなたが妊活中だとしたら、ラピッドラッシュの使用を控えておいたほうがいいかもしれませんね。

マウスでの実験ではありますが、ビマトプロストにより流産してしまったという臨床結果が出ていますから。

 

確かに、ラピッドラッシュというまつ毛美容液に入っている量は微量だとは思いますし、あくまでマウスでの実験であり、それがヒトにそのまま当てはまるものではないのかもしれません。

 

「妊娠がわかったら使用を中止すればいいや」と思うかもしれませんが、妊娠が分かった頃というのは、もうすでにお腹の中に赤ちゃんはいます。

 

もちろん、妊娠がわかったらラピッドラッシュなどのプロスタグランジンの合成類似体を使っているまつ毛美容液の使用を中止するべきですが、もしあなたが今頑張って妊活中!!というのでしたら、これから生まれてくるかわいい赤ちゃんのために、やっぱり今から使用を中止しておきましょう。

 

妊活中、妊娠が分かった後は、副作用の心配のない日本のまつ毛美容液を使うといいと思います。

 

保湿成分やペプチドなどの毛髪補修効果のある成分でも、まつ毛の長さに関してはラピッドラッシュと比べてしまうと伸びが物足りないと思ってしまいますが、マツイクには十分です。

 

フサフサまつ毛は、育児がある程度終わるまでお休みしておきましょう♪

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。