【通販】ラティース リバイタラッシュ ルミガンなどの購入方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロスタグランジン系の副作用を利用したまつ毛美容液のルミガンやケアプロスト、ラティース、リバイタラッシュは、店頭での販売はされていません。

ルミガンやケアプロストは、緑内障の点眼剤であるため、基本的には医師の処方が必要となります。

また、リバイタラッシュにおいては、厚生労働省の認可が無いということもあってか、日本での販売はされていないため店頭での購入ができないというのが現状です。

しかし、実際に使っている人もいるという事実もあるわけで、その人たちはどのようにしてルミガンやリバイタラッシュを入手しているのでしょうか。

答えは簡単、個人輸入代行をしてくれるお店を通して通販で購入しているのです。

個人輸入代行って?

日本においては、ルミガンやリバイタラッシュの主成分であるプロスタグランジン系のものは、緑内障の治療成分としてしか、認可されていません。

まつ毛美容液の成分としては認可されていないんですね。

だから、プロスタグランジン系の物が配合されているまつ毛美容液は日本においては、販売することができません。
もっとも、2014年にグラッシュビスタという睫毛貧毛症の外用薬が厚生労働省により国内初認可されましたが、医師の処方が必要であったり、価格が効果であったりと(およそ2万円程度)、手にするにはちょっと敷居が高いです。

海外から輸入してしまえばよいのですが、言語が分からない、申し込み方法も煩雑、そもそもどこから購入したらいいのかわかんない・・・ということもあって、個人で海外輸入するというのは面倒くさいことが沢山。

だったら、その申し込みを業者に頼んでしまえ、というのが個人輸入代行というものです。

簡単に言うと、海外の通販ショップとのパイプ役です。

個人輸入は違法?

日本において認可されていないものを購入する、というと法に触れるのでは?と思われる方もいらっしゃるでしょう。

答えはNO、違法ではありません。(麻薬や向精神薬の類は違法です!駄目!絶対!)

もっとも、日本の薬事法に基づく承認や認証を受けていないものを流通させる行為は違法たりうると言えますが、個人で使用する範囲においては、違法ではありません。
こう考えてみると、代行業者は違法性を問われる可能性はありますが、あなたが違法性を問われることはないと思われます。

また、個人輸入をする場合には、薬事法の規定により厚生労働大臣の承認・認可が必要ですが、例外として化粧品においては1商品24個以内であれば、その必要もありません。

だから、その手軽さが理由で、ルミガンやケアプロストなど日本で流通していない商品を個人輸入代行を利用してネット通販で購入している方が多くいらっしゃいます。

代行業者を使う上での注意点

しかし、お手軽だからと無防備に購入してしまうと、痛いしっぺ返しをくらうというのも、また事実なんです。

kojinyunyuudaikou-gizou

女性が服用する可能性は限りなく引くいお薬ですが、ED治療薬においては、半数以上が偽造品という結果が出ています。
政府広報オンラインより

ダイエット系サプリメントだと、御芝堂なんちゃらとかいうサプリメントで重大な健康被害が出たこともありました。
これは、そもそも御芝堂なんちゃらというものが、やばい系の成分が入っているものですが、ルミガン、リバイタラッシュと銘打っていても、偽造であれば同じこと。紛れもなく粗悪なものだと思われます。

効果が出ない程度でしたら、仕方ないと諦めもつきますが、健康被害が出てしまっては悔やんでも悔やみきれません。
また、その場合その被害を保証をしてくれるところは、どこもありません。

以前ほど、ネット通販の不安性はないとは思いますが、それでもまだ不安があるのも事実です。
だから、もし仮に個人輸入をするのであれば、「安さ」に惹かれるのではなく、「安全性」「安心」を重要視して購入するようにしましょう。

ルミガンやケアプロストを通販で購入されている方は、オオサカ堂などと言ったところを利用されています。

 

リバイタラッシュは医薬品ではないため、大手ネット通販ショップの楽天でも販売されていますが、その際もちゃんとしたショップなのか、口コミ等を参考にされるとよいかと思います。

くれぐれも、安さだけで飛びつかないようにしましょう!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。